八幡平(はちまんたい)「東百-17」2024.5.19

登山道中、ガマ沼と遠くに岩手山

共通情報

所在地:岩手県八幡平市細野

アクセス:ナビ通りでたどり着く事が出来ます。よく整備されており、悩む事は有りません。紅葉の時期と雪解け(本記事)時のドラゴンアイが見られる時期は大変混雑します。早めに到着出来るように計画しましょう。繁忙期は駐車料金500円が必要です。(手前の駐車場に止めると無料ですが、やや距離があります)

歩行ルート:見返峠からのピストン、最短コースです

登山道状態:よく整備されており、無雪期はまず安心です。残雪時は滑落のリスクは少ないですが、滑りますのできちんとした靴と装備を準備しましょう。

・コースタイム:0.8時間

管理人歩行時間:約0.7時間 14:30 駐車場発 – 14:50山頂(八幡平) – 15:10 駐車場着

注意ポイント

よく整備されており、危険な個所はありません。

若干注意ポイント有<雪渓> ※残雪期のみ

  • 最短コースであれば、東北百名山の中で一番登頂しやすい山です。日本百名山としても同様でしょう。
  • 北日本かつ標高は1600m超と高いので、遅い時期まで残雪があります。易しい山で合っても残雪時は滑りますので、注意が必要です。秋も同様に早く気温が下がりますので、紅葉時も防寒に注意。

管理人感想

ドラゴン・アイも綺麗ですが、白・青・緑と揃った景色が何より◎

たか
たか

想定外の大混雑(駐車場に入るまで1h超)でしたが、

それに見合う美しい風景で大満足!

遠くから足を運ぶの方がいるのも納得ですね。

 四半世紀前に登った記録がありましたが、当然記憶になく写真も無いので再挑戦でした。麓から登る事も考えていましたが、丁度ドラゴンアイの時期という事で午前中の十和利山が早く下山出来たため立ち寄る事にしました。

 あまりの人気で、渋滞が大変でしたが素晴らしい雪景色と緑・湖を見れて楽しい山行(散歩位?)でした。時間があれば、ゆっくり周辺を散策するのが正しい楽しみ方だと思います。峠を挟んで反対側の畚岳に立ち寄るのも良いと思います。

 山行というより、周囲をゆっくり散策で楽しい山だと思います。整備は完璧なので本格登山ではなく、軽くハイキングな方におススメです。家族連れでも◎。

山行写真集

登山道、というより遊歩道ですね。駐車場から舗装道が続きます。
鏡沼への分岐点。標識もきちんと整備されていますが、分岐が複数ありますのできちんと確認を。
まずは山頂に向かい、帰りに鏡沼(ドラゴンアイ)に立ち寄る事にします。
駐車場の標高が高いので、すぐに高所の雰囲気と視界が開けてきます。
視界開ければ、左に岩手山右手前に畚岳が綺麗に見えます!
そして見返峠に到着!ここから雪渓歩きでした。
案内のポールが立っているので、迷う事は有りません。しっかり雪渓歩きなので、滑らない様に。
そして右手に八幡沼。青と緑と白で大変美しい景色でした!
続いてガマ沼の脇を通って登って行きます。綺麗ですが水が冷たそう~
上手い方はもっといい写真が撮れそうですが・・・ガマ沼からの岩手山。
雪渓と石畳が切り替わりながら続きます。
雪渓を少し登れば、、、
あっという間に山頂です!短くても1600m超の標高なので、雪渓が多いのも納得ですよね。
山頂には展望台があります。写真では難しいですが、とっても気持ちの良い雰囲気でした。
ここから下って鏡沼へ向かいます。凹凸や木の根元のへこみに注意。
ガイドロープが無ければ、迷い込む人が出そうですね、、、
視界が開けて、傾斜がきつくなると鏡沼はすぐそこです。
良い感じに傾斜した下り道。滑らない様に注意です。奥が鏡沼。
一番の転倒注意ポイント。
そしてドラゴン・アイ。確かに綺麗ですね!
これを龍の目と名付けた人のセンスが何よりスゴイと思いました。
私だと精々、”美味しそうなクリームソーダ”でしょう(笑)
ササッと下って駐車場に戻ります。畚岳もカッコいいですね!
最後に岩手山も一枚っと。
紅葉以外でこれだけ人気なのはびっくりでしたね。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。